沿革

昭和32年1月

姫路市飾磨区中島1089で、小林實個人企業小林製作所創立。

主としてステンレス材の小物精密切削加工を行う。

昭和32年4月 株式会社ティエルブィと取引開始
昭和37年4月 姫路市飾磨区中島560へ工場新築移転
昭和43年4月 姫路市飾磨区中島602へ工場新築移転
昭和44年1月23日 資本金700万円で法人に組織変更、株式会社小林製作所と名称変更
昭和45年7月21日 資本金900万円に増資
昭和47年12月21日 姫路市飾磨区中島602の3に第二工場新築し、省力化機械設置専用工場とする。
昭和48年10月 富士通 株式会社明石工場と取引開始
昭和51年 増資、資本金1900万円となる。
昭和60年2月 富士通周辺機 株式会社と取引開始
昭和60年5月1日 髙井徹和、代表取締役に就任
昭和62年7月20日 富士通 株式会社よりVE表彰受賞
平成元年12月10日 富士通 株式会社より品質優良賞受賞
平成2年10月 富士通 株式会社より2回目のVE表彰受賞
平成15年5月 第二工場をMC専用工場とする
平成18年6月 富士通周辺機 株式会社より表彰を受ける
平成20年5月 姫路市夢前町塚本95-1へ工場新築移転

平成24年9月

髙井俊昌、代表取締役に就任